続・ハンターカブで行こう!
2016 ブログも心機一転
201811<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201901
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
麻那姫湖キャンプツ-リング
毎年恒例になってる紅葉時期のキャンプツーリング。
これまでは集合して峠を越え、現地入りしてましたが、今回は現地集合。

寒かったり、天気次第では車にハンター積載でと考えてましたが、バイク日和の予報。
前日になって、やっとハンターにボックスつけて、準備完了~ただ、先発のぜいろくさんから、残念な情報・・・冠山峠、積雪で通行止めと。

仕方ないので、現地入りのコースは温見峠~キャンプ場~大野で入浴と買い物~戻ってきて宴会に決定。

出発は、これまでより遅めの8時過ぎになってしまいましたが、今回はぜいろくさんのおかげで、テント張らないキャンプなんで、何とかなるでしょう。
京都発R161~琵琶湖大橋~R8~R21~峠の入り口である根尾へ。

面倒なのは琵琶湖大橋。
原付は通行料がいります。が、なんと10円。
これを払うために、ゲートの前で路肩に寄せて止まり、グローブ脱いでお金を用意し、落としそうなので素手で10円玉握ってゲートで支払い、通過後にまた止まってグローブ・・・
確か前は20円でしたが、無料化の話がなくなった代わりに安くなったんです。
歩行者・自転車みたいに、もう原付も無料でもいいのに。

根尾に行くまでにガソリン満タンにして、お昼用の弁当も買って峠へ。

DSC01780.jpg
根尾の集落越えて、山道になったらテンション上がりました~
ちょっと遅いかなぁと思ってた紅葉は、今が盛りという感じ。

DSC01784.jpg

止まって撮って、お昼も食べて。
さすがに高度が上がると葉っぱが残り少なくなってしまいましたが、紅葉ツーリング、楽しめました。

峠を越えたところにある麻那姫湖キャンプ場によってみると、峠越えを先行されたJUNさんと合流。
大野の銭湯開場に時間もちょうどよく、ここからは一緒に。

ぜいろくさんのテントが張ってあったり、車で来られたばたやんさんとすれ違ったり。
で、いつもの銭湯 東湯さんに着くと、そのほかのメンバーもほぼお揃いで。
DSC01842.jpg

入浴中に、たかひろさんも来られて・・・
遠くは東京(から来た奈良ナンバーですが・・・)、大阪、奈良、名古屋、京都と、あちこちのナンバーが入り交じった東湯前。
バラバラに行動してるのに、わずかな時間の幅で集合できるところがすばらしい。

ちょっと冷えた体も温まり、食材を仕入れてキャンプ場に戻ったら、ともにゃんさんのお土産”ゆかり”をおつまみに、宴会開始~

DSC01844.jpg

ひとしきり食べて、酔いも回ったころに時計見て、”えっ、まだ6時”という具合でした。
今回は焚火の薪も寂しくて、寒くなったきたせいか、早めの散会。
DSC01858.jpg



こちらのストーブ付きドームで、ぬくぬく。
ぜいろくさん、手作りシュウマイと宿泊、ありがとうございました。
DSC01867.jpg



朝になったら、撮影会。思えば、真っ赤な紅葉は、このキャンプ場が一番やったかも。
DSC01887.jpg

DSC01880.jpg
たかひろさんの黄色いC100。一段と映えますね。

まっ赤といえば・・・
DSC01888.jpg

MAH01269.jpg

撤収には、今年異常発生して迷惑この上ないカメムシ退治にてこずりましたが・・・楽しい宴会キャンプも終了~

いつもの通り現地解散で、思い思いのコースで帰路に。
私は、欲張って遠回り。九頭竜湖や油坂峠も見たかったんで、家とは逆方向へ。

DSC01912.jpg

麻那姫湖がキラキラ光って、紅葉もきれいやし・・・と撮ってたら
DSC01918.jpg
ヘルメットにカメラ付けたなあたさん。手は振っても、前方注視で通過~
紅葉も天気も良かったし、いい動画が撮れたでしょうね。

DSC01938.jpg

DSC01943.jpg

DSC01929.jpg
日曜日ですから、車も人も多い多い。

油坂峠の旧道
DSC01951.jpg


白鳥から郡上八幡へ
DSC01973.jpg

街はずれのここは人もいなくて静かでしたが・・・お城に近づくと観光客がわんさかと。
街なかを通過しただけでしたが、特産品?の食品サンプルや川に飛び込まはる橋やらを久しぶりに見て、子連れキャンプでも何度か来てたりしたんで、ちょっと懐かし。

長良川沿いに南下~
こちらへは東海北陸道がまだつながってなかった頃にカヤックで川下りの思い出。

美濃に近づくと、車が混みだして走りにくくなってきました。
距離は伸びても、快走できる山道をつないだコースで、関ケ原。

ここでまっすぐ帰るか、さらに南下して永源寺か御在所岳・・・
山はちょっとかすんできてて、西向いて帰ることを思うと、逆光ですけど、ま、行ってみようと。

DSC01990.jpg
御在所岳の麓、湯の山温泉のあたり
日差しがなくなってしまいましたけど、目で見た感じはもっときれいでした。

やはり休日。あちこちで渋滞。駐車場も満車・・・登山の人もたくさん見かけました。ロープウェイも混んでるんでしょうね。


DSC01995.jpg
大型バイクのぺースは早いですね。あれじゃ景色を見る余裕はないやろな。楽しみ方はそれぞれですが。



DSC02004.jpg
と、山を越したころには日没。
おまけに時雨れてきたり、渋滞も多発で、避けて通ったりしてると時間食って、東京に帰った人よりずいぶん遅くなってしまいました。午後7時前に無事帰着。ご参加の皆さん、ありがとうございました。



今回のコース
20161114144013-001.jpg
往路約260Km、復路は350Kmほど走ったようです。

特にトラブルはありませんでしたが・・・
キャンプ場で唯一困ったカメムシの襲来の影響が。
片付けてたら、ボックスの中で1匹発見。なんかまだ臭うなと思ったら、ビニール袋の中にもう1匹潜んでました。
シュラフは厳重に確認しましたが・・・うかつに荷物を家に持ち込んだら、えらいことになりそうです。

車組は、うまく駆除できたんでしょうか・・・
関連記事
コメント
コメント
脱帽
油坂、私は行きに通りました(^ ^)すっごいキレイやった!
御在所と聞いて、まさかとは思いましたが そのまさかの復路(O_O)
あのハンターのスピードで、あの距離!
誰にも真似できません(笑)
大型バイクは、そう、景色見てる暇なく1時に自宅に着いてしまいました(^ ^)
美味しいものばかりで楽しかったですね。
また次回もお願いします。
2016/11/14(月) 17:10:08 | URL | ともにゃん #15PeVwAY [ 編集 ]
Re: 脱帽
ともにゃんさん≫

お疲れさまでした~
いつもいろいろごちそうになって、ありがとうございます。
バンガローは遠かったんですね。キャンプ場内とはいえ、夜道をひとりで・・・おまけにカメムシ。大変でしたね。

走るのは、マイペースで景色を楽しみながらなんで大丈夫です。
何年か前になりますが、行きはフェリーで九州に行って、熊本からビジホ3泊で寄り道しながら自走帰宅のときには、これくらいが4日連続。

次回忘年会キャンプは、仕事の都合でまだどうなるかわかりませんが、できるだけ参加の方向で。
またよろしくお願いします。
2016/11/14(月) 19:56:14 | URL | とし #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。