続・ハンターカブで行こう!
2016 ブログも心機一転
201811<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201901
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
咲いちゃってます
そろそろ寒くなるのか?
今年は、冬と行っても暖かいですね。和歌山までバイクでキャンプに出かけられた方も居られるし。
できればご一緒したいところですが、都合が悪くて今回パスなんで、京都市内の話題で。


いつもならもうひと月くらい経ってからと思うのですが、暖冬のせいで早くも梅が咲いたとのニュースを見て、お参りに。
梅の名所で有名な、そしてこの時期は書初めとか合格祈願とかでも賑わう北野天満宮。

DSC06752.jpg
境内には撫で牛多数。こちらのは親子連れですね。



境内の梅。早くもこんな具合です。
K5IM8999.jpg

さすがに梅園のほうはまだほとんど咲いてませんが、一番先に咲く蝋梅どころか、一足飛ばしに紅梅の梅がそこそこ咲いてました。

DSC06720.jpg


K5IM9005.jpg

うちの場合は、御礼参りも済んでるような・・・ですが、
DSC06723.jpg
こちらの願掛けの方は、”サクラ”咲くの方が気がかりでしょうね。

北野天満宮の境内はここ数年工事が多くて・・・この社や絵馬掛けも昨年やったか、この場所に移されてました。
ちょうど神社の方がおられて、方位的にはこちらが本来の場所と。
移動した際に、絵馬もより多く掛けられるようにしたそうです。

ちょっとわかりにくいところですが、境内西側は紙屋川に沿って御土居の遺構が残ってます。
清水の舞台ではないですけど、御土居の斜面に展望がきくようにということでしょう。

DSC06727.jpg


DSC06738.jpg


さてさて、北野天満宮といえば学問の神様である菅原道真公ですが、京都市内には他にもゆかりの地があります。
烏丸通に面した、京都御所(御苑)西側の菅原院天満宮、丸太町通御所南側で、京都簡易裁判所前の桑原町、下京区四条烏丸に近い菅大臣神社、東本願寺東側の文子(あやこ)天満宮、南区の吉祥院天満宮など。

大宰府への左遷で、道真公の怨霊による落雷などの災厄を鎮めるためというよりも、学問の神様のほうがいいですね。カブか自転車でゆかりの地を巡れば、少しは賢くなれるでしょうか。(笑)












関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。