続・ハンターカブで行こう!
2016 ブログも心機一転
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
こっそりと ひとりダウンヒル
20170930SS00001.jpg

ぜいろくさんに続いて、金曜夜発、仮眠して土曜朝からバスで畳平へ。
剣ヶ峰登山とダウンヒル、平湯温泉で休憩して夜には帰宅。ひとりなんで、キャンプもせず、ほぼ乗鞍だけのプランとなりました。

ほうのき平で、バスの始発に間に合うように食事も済ませて切符売り場へ。
前日は悪天候で休止してたそうですが、当日は晴れで問題なく・・・のはずでしたが、券売機は動いてて、お客さんも並んではるのに、窓口に”自転車の走行は禁止”と。

躊躇してるうちにバスが来て、係員の人がいたので聞くと、「昨日の表示を外し忘れてた」って。
しかし、出発を数分待たせてしまいます。なので、次の便に乗ることにして、一時間待ち。

無事、晴天の下、バスで出発~

しかし高度が上がるとともに、霧の中。期待もむなしく、畳平はこの通りでした。


DSC08545.jpg


おまけにこの日が初氷と、半袖で過ごしていた日常から一気に真冬の寒さへ。
ここは先発のぜいろくさんのレポで、それなりの対策をしてほぼ大丈夫でしたが、顔や耳は相当冷えました。

せっかく朝から登ってきたんで、ダウンヒルの前に久しぶりに剣ヶ峰まで登ることにして、表示では90分の行程を、ちょうど一時間で。

DSC08555.jpg


DSC08583.jpg
晴れてたら、紅葉も見頃なんでしょうね。


MAH01434(2).jpg
防水なんでぬれても大丈夫ですけど、レンズに水滴ついて、このとおり。


山頂でしばらく様子をうかがっても好転の兆しもなく、強風で霧雨が吹き付けるような状態で、体も冷えるので退散。

DSC08629.jpg

DSC08644.jpg

DSC08665.jpg

畳平からほうのき平まで約20Km。
車は1時間に1本ペースのバスくらいなんで、霧の中でも安心して走れました。
下るにつれて霧も晴れ、はや紅葉の木々を眺めながら、のんびりダウンヒル。
で、平湯の森で、ちょっとだけ飛騨牛食べて温泉にゆっくりつかって・・・さて、この後はと考えましたけど、気が向くこともなく、高山も人が多くてなんだか・・・と、結局白鳥~九頭竜抜けて、遠回りするくらいで、その日のうちに帰ってきちゃいました。

ヤドカリ状態の幌つき軽トラは、どこでも宿泊可でいいんですけど、空荷に近い状態では振動がきついです。
バイク載せてたらちょうど落ち着く感じなんですけどね。
山岳の国道は意外と荒れてるから、途中からえらく疲れてしまいました。登山のせいもあるのかなぁ・・・

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.