続・ハンターカブで行こう!
2016 ブログも心機一転
201701<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201703
浦島太郎
前の記事が謹賀新年・・・と、記事書くことがないままに3ヶ月。

正月早々から気が重くなることがあったり、先月にはインフルエンザで寝込んだりということがありましたが、それ以外は、時間があれば気の向くままにお出かけしてたんですけどね。

先週末からの連休は、珍しく夫婦で旅行。
ただ、出かけられるのが日曜の少し遅めの時間からということで、一泊二日しか無理。
遠くに行くより、ゆっくりしたいという希望もあって、空いてる宿を検索した結果、丹後半島の網野ということになりました。

車+折りたたみ自転車で行きましたが、夕方までには時間が余るほどなんで、丹後半島を一周してから向かいました。

縦貫道下りて、籠神社あたり。天橋立は人が多すぎてスルーして伊根に行ってみたけど、これまた道の駅で入り待ちの行列で。
初めてのところなら待ってでもと思うのでしょうが・・・

もう少し進んだところで、浦島神社の案内を見て、ちょっと寄ってみました。
DSC05061.jpg

ここは、神社手前の公園施設に少しおられる程度で、静かな境内。
修復の寄付を募っておられるような古い社殿ですが、見事な彫刻ですね。

DSC05067.jpg


さらに進んで経ヶ岬。
こちらは、400mほど階段や坂道を歩いていくせいか、それなりの台数はあるものの、すんなり駐車できました。

夕食はカロリーオーバー必至なんで、ちょっとでもということで、久しぶりに灯台見物。
施錠されてるので外から見るだけですけど、天気も良くて、海の景色に真っ白な灯台で、いい景色でした。

DSC05098.jpg


DSC_0280.jpg


丹後松島の景色
DSC05102.jpg


一応温泉のある宿に、早めについて、夕食を待つ・・・のですが、何度でも風呂も入れるしと、積んでいった折りたたみ自転車を引っ張り出して、網野の町をふらふらと。
DSC05104.jpg



DSC05125.jpg

古墳への案内板があって、坂道を登ってみたら、ここでも浦島太郎ゆかりの場所がありました。

DSC05114.jpg


さて、お楽しみの夕食。時期的には終盤ですがカニ、カニ、カニ。なかでも刺身と雑炊が美味しかったかな。
DSC_0282.jpg

DSC_0288.jpg

2日目へ続く


謹賀新年
SN00003.jpg

年々実感が薄れてますが、新年となりました。
あちこちでご一緒している皆さん、ことしもよろしくお願いします。



昨年を振り返ると・・・筆不精で、記事に書いてるのはわずかですが、あちこちでかけてますね。
1月~2月
20160102.jpg


3月
20160301.jpg


4月
20160402.jpg


5月~6月
20160506.jpg


7月~8月
20160708.jpg


9月
20160901.jpg


10月
20161001.jpg


11月
20161101.jpg


12月
20161201.jpg


今年も、カブ、キャンプ、カメラ、カヌー、サイクリング・・・楽しみたいと思います。
飛来
毎年冬になると京都鴨川に飛来するユリカモメ。今年は少し数が減ってる様子です。
でも、うちには今日、”アジサシ”印のこんなのが・・・

飛んでというより、配達員さんの両手にさげられて、大きな箱入りでやってきました。



折りたたみ自転車(フォールディングバイク)で有名なDAHONから派生した、ternのVerge P10 2017モデル。

IMG_2712.jpg

前の記事で、エンジンがありがたいとか書いてるのに・・・エンジンなしの新車を、クリスマスの?セルフプレゼント。

忘年会キャンプに乗っていった方はもう16年物。
ある程度のお手入れはしてますが、折りたたみということもあって、力をかけるとフレームのたわみが大きくなってるような。


車に積んで行ったり、電車で輪行したりのスタイルは今後も楽しみたいところなので、折りたたみをもう一度。
タイヤが20インチと、これまでより少し大きく、そして細く。
乗ってみると走りは軽快ですが、溝や段差には神経使いますね。

IMG_2713.jpg

折りたたみの作業は簡単。ほんの20~30秒でこの通り。

IMG_2715.jpg

今まで使ってた輪行バッグに、問題なくすっぽりと収納できました。

IMG_2714.jpg




注文してからひと月弱待ってたので、届けば乗りたいところですが、今日は時々雨。
夕方になって、やっと雲が少なくなったので、試走を。

DSC03264.jpg

らんでんの嵐山駅


花灯路も終わって、少し人も少なくなった様子の嵐山。
明かりがともってるのは、お土産屋さんか駅ぐらいなので、こちらで初乗り記念ショット。

DSC03262.jpg

輪行バッグと同様、LEDライトも家にあったもので間に合ったし、スタンドやベルはついてました。

ということで、次は乗ることを考えよう。
来年は、大阪・滋賀・奈良あたりに、時には電車も使って出かけることが増えそうです。


DSC03267.jpg

>>続きを読む
エンジンのありがたさを実感する
先週土曜日は、恒例の笠置キャンプ忘年会。
お泊りしたいところですが、今年は日帰りでの参加でした。

帰りはJRでということと、忘年会の食材調達の都合もあって、今回は折りたたみ自転車で参加することに。
ちょうど桂川・木津川沿いに自転車道もありますしね。

土曜日なので、ロードバイクで疾走する人も多数。
18インチの小径車では当然抜かれまくりですが、時々休憩しながら終点の木津を目指します。

DSC02997.jpg


DSC03000.jpg

橋桁がちょっと高くなった流れ橋。
名前通りに流されてしまっては、修復に困るようですね。今までと同じような形でかけなおされてよかったです。

山田川のスーパーに寄り道して食材を仕入れ、自転車道に戻って、終点。
DSC03007.jpg


キャンプ場が見えました。相変わらず、週末は賑わってますね。
DSC03014.jpg


DSC03015.jpg


到着!
image1 (11)
ぜいろくさんに続いて、2番目でした。

早速ビールで乾杯を。


小さい方はJUNさんからの頂き物。ステンぐい呑み。
難点は、みんな持ってるから、見分けがつかないということでしょうか。(笑)
IMG_2707.jpg

DSC03019.jpg
だんだん人数も増えて・・・
安田さんか伊根満開がハイペースすぎたのか、このあとしばらく寝込んでしまって、最後は日帰りのばたやんさんに自転車ごと車で送ってもらって、無事帰宅。

忘年会らしく?なんだかよくわからないうちに終わってしまったような気もしますが、皆さんお世話になりました。
ありがとうございました。
嵐山に行ってみた
京都でも屈指の観光地、嵐山ですが、これは地名というか観光エリア的に使われてる”嵐山”。
でも、今回行ってみたのは、山の名前である”嵐山”。

保津川下りの船頭さんが、渡月橋に着く手前で案内されてるのも聞いたことがありますが、山登りする人しかピンと来ないかもしれませんね。

場所としては、渡月橋から右岸の上流側で、モンキーパークのある岩田山の近くです。
京都一周トレイルコースにも近いので、阪急嵐山駅近くから登山道に入ったら、すぐに・・・と言いたいところですが、川から近いわりに標高382mと、割と急な斜面もありました。

登山道があるのは知ってましたけど、実は行くのは今回が初めて。
以前、苔寺の奥の方へ行ったときに、案内板に古墳群とか嵐山城址と書かれてたんで、一回行ってみようと思ってたんです。

嵐山駅近くからでは、あまりに近いかと思い、きっかけとなった苔寺西側の案内板のところからスタート。
竹林の中を進み、急な斜面で尾根に出る手前は、つかまるためのロープが張ってあったりして。

DSC02472.jpg
尾根に出て、木立の間から紅葉してる周りの山を眺めながら少し進むと・・・

絶景ポイント
DSC02474.jpg
街を横切るような緑の帯が桂川。川の手前側に少し緑が多くなってるのは桂離宮です。
ベンチもあって、弁当持ってお昼前に登り始めたんで、ここで昼食タイム。

DSC02478.jpg

市街地に近く、トレイルコースでもあるので身近なところですが、道の凸凹やアップダウンも多く、ちゃんとした山用の靴で来て正解でした。

おなかも膨れたし、小さなアップダウンを繰り返しながら先に進んで・・・
DSC02481.jpg

この標識のところが、渡月橋の近くから上がってくる道(地図イラストの五角形から下の道)との合流点。
DSC02484.jpg
目指す嵐山城址や嵐山は、下辺を向かって右側になります。


また絶景ポイント
今度は観光地の嵐山を見下ろすように
DSC02486.jpg

少し角度を変えると、岩田山も見えます。
DSC02485.jpg

さらに進むと、道をふさぐような大きな岩。
DSC01329.jpg
ちょうどここですれ違いになった方に、嵐山城址への道が分かりにくかったと、目印を教えてもらったおかげで、スムーズに。

DSC02493.jpg
でも、ちょっとした広場だけで、城跡であったという雰囲気はわからず・・・

DSC01330.jpg

手作り標識の嵐山約8分・・・は、山頂という意味。
さらに進んでみます。

うーん。嵐山には着きましたが、眺望もないちょっとした広場だけでした。
まあ、途中の景色はよかったし、いいか。

五角形のイラスト地図の標識まで戻って、山道歩くよりもと、嵐山駅の方へ降りました。
DSC02501.jpg

写ってないところは、観光地みたいに仕立てられてはいませんが、山登りしたご褒美のように竹林と紅葉。
DSC02505.jpg

普通の道路に出て、渡月橋とは反対の、スタートした方へ。
ひと駅分歩いたら、松尾大社。

境内には、年末が近づくと、翌年の干支入りの大絵馬が飾られます。もう来年の酉年のに代わってました。

DSC02507.jpg
松尾大社はお酒の神様で、奉納された樽がたくさん並んでます。新酒できましたの合図でもある杉玉も下がってました・


DSC02511.jpg


住宅の細い道を抜けていくと、鈴虫寺。
DSC02517.jpg
女性に人気がありますね。入りにくいのでいつも前を通るだけ。


ということで、昼食の休憩込みで山道を約2時間20分。同じところに戻ったのは、自転車で行ったからです。
そういえば、ここの紅葉もと、苔寺前のバス停横から石段を上がったところにある地蔵院や浄住寺。
(自転車なので、回り道してますが)
帰り道に通ってみると・・・

DSC02522.jpg



DSC02525.jpg
身近な穴場。楽しめました。

20161126164049.jpg




copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.